プロフィール

せみせりあ

Author:せみせりあ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

せみせりあ
せみせりあ:semiseria 半分マジメという意味です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【週刊新潮】 大臣が判子を捺さないので、戦後、在日重罪犯の国外追放はゼロ…治安上、死刑執行拒否より問題ではないのか
◇変見自在 帝京大教授 高山正之

▼怠慢

『台湾人と日本精神』の著者、蔡焜燦氏は陸軍特別志願兵として京都の山奥で敗戦を迎える。

その年の暮れに祖国台湾に帰還するまで、敗戦の混乱についても触れている。

一夜で「戦勝国民」になった氏らには有り余る食べ物が提供された。
氏はそれで焼きお握りを作り「時には京都駅まで」行って飢えた子供達に配った。
ふと見ると「子供たちに海軍の防寒用チョッキを分けている連中がいた。聞くと同じ台湾志願兵だった」

しかし同じ部隊にいた朝鮮人たちは「食糧倉庫や被服倉庫を襲って集団で強奪した」
「意気消沈する日本人を殴って戦勝国民だと威張っていた」

戦勝国民のために日本は特別列車も仕立てた。たとえそれが数人でもまる一車両を用意する。

粗相があると彼ら戦勝国民は駅長だとか責任者を呼び出して殴る蹴るの暴行を働いた。
当時、旅客局長だった下山定則も彼らに袋叩きにされ、睾丸破裂の重傷を負っている。

この戦勝国民の祖国帰還事業はGHQの命令で行われた。
終戦四ヶ月前に死んだF・ルーズベルトが「日本人を四つの島に閉じこめて滅ぼせ」と遺言した。
滅ぼすのは日本人だけだから余計な朝鮮人などは追い出せというわけだ。

いわゆる「徴用」で日本にきた者はこのときに帰っている。しかしみんな帰ったわけではなかった。

その辺を林浩奎が『第三国人の商法』の中でこう書いている。
「三国人とは戦前戦後を通じて(日本で)生活している在日韓国人らを総称して言う言葉で、
彼らの大多数は第二次大戦前後の混乱期に日本での成功を夢見て海を渡ってきた人たちだ」と。

彼らは「廃品回収やパチンコ、トルコ風呂など現金取引」を生業とした。

もう一つ重要な現金ビジネスが暴力団稼業だ。

戦後の闇世界を仕切ったN・ザペッティを描いた『東京アンダーワールド』に、
彼がチューインガムを捌こうとして日本人に嗜好が合わないと拒絶される話がのっている。

彼は暴力団を雇って店主を脅して売らせる。
それで日本にチューインガム文化が定着することになるが、その暴力団が戦後、急成長した東声会で、
すべて在日朝鮮人だった。

今、いわゆる在日は50万人ほどだが、うち刑務所に収監中が1650人。
中国人の25万人中2000人に次いで多い。

生活保護世帯は日本人の1000人中12人に対し、同48人と4倍に達する。

成功を夢見てきたが、今では日本にただ迷惑をかけているというわけだ。

法務省は増加する外国人犯罪に対処するため、外国人居留者の氏名、住所などをIC登録した「在留カード」を発行する。

ところがこの「外国人」に「在日は入らない」と朝日新聞は伝える。
仏作って魂入れずみたいな印象だが、実をいうと在日には他の外国人にはない破天荒の優遇措置が講じられている。

例えばその他外国人は売春、麻薬、または懲役一年以上の刑を犯せば、ただちに国外退去になる。

しかし在日は麻薬も売春もお構いなし。懲役七年以上、つまり殺人を犯さないかぎり、国外退去処分にはならない。

理由は歴史的な、と説明される。
平たく言えば強制連行された者の子孫だから、日本に負い目がある。
これくらいの優遇措置は当然ということらしい。

しかしその強制連行は朴慶植のでっち上げで、今の在日は林浩奎の記述にあるように戦前、戦後に日本にやってきて
居着いた人とその子孫というのが正しい。

その他外国人と区別して特別優遇する必要はさらさらない。
でもそこは大人の日本人だからせこいことは言わない。

国外追放は懲役七年以上でいいとして、では東声会の昔から、どれほどの朝鮮人が追放されたのか。
新聞にもよく犯人は「何某こと」と朝鮮人名があった。
さぞかし凄い数字だろうと思って法務省に聞くと「大臣が判子を捺さないので戦後この方、在日の国外追放はゼロ」だと。

杉浦正健が死刑執行のサインを拒否したことは知られるが、どの法相も在日の重罪犯を追放しなかったとは知らなかった。
そっちの方が日本の治安上、問題ではないのか。


ソース:週刊新潮 3月8日版 144ページ 
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172756084/l50
金正日とよく似ている盧武鉉大統領、ブッシュは間違えずにすむか?~アジアタイムズ
■ A Korean meeting of the minds by Sung-Yoon Lee

韓国大統領盧武鉉と北朝鮮の指導者金正日は大韓民国が1948年8月15日に「誕生するべきではなかった
国である」と信じている。従って、盧と金の二人にとって、大韓民国初代大統領李承晩は反逆者であ
り米帝の手先である。8月15日の解放日(光復節)、国民に対する盧の演説で、誰が実際の解放をした
のか、また大韓民国の創始者が誰であったかについてまったく言及をしなかったことで分かる。

盧と金は、1950年6月25日に金日成によって開始された朝鮮戦争が、統一のための正義の聖戦であり、
北朝鮮の解放勢力がまさに勝利する瞬間に米国によって台無しにされた、と信じている。二人ともダ
グラス・マッカーサー将軍とその仁川(インチョン)上陸を嫌っている。二人は、北朝鮮が「外部の
脅威」に直面している時、自衛のために核兵器を開発する権利を持っていると信じている。二人は、
南の米国軍がありがたくない占領軍であると信じている。二人は、最終的に米軍の撤退を夢見ている。

日本をバッシングすることに二人とも快感を覚える;二人にとって米国は究極の敵であるが、米ドル
を愛している。二人は、ブッシュ大統領を恐れ憎んでいる。二人は韓国での激しい反米抗議をサポー
トし、中国を愛している。どちらも北朝鮮の崩壊を望まず、それを防止するために全力をつくす。

盧と金は著しい違いも見せる。盧は金を愛しているけれども金は盧を愛していない。金は自分しか愛
さない。盧の時間は限られているが金は違う。そのため、盧は首脳会談をしたくてたまらないが、金
はどっしりかまえて高価な礼金を命じることができる。盧は心底、訪米したくないが訪米せざるをえ
ない。金は心底、訪米を望むができない。盧は政府費用で外国を旅行することが大好きで、金は家で
パーティを開く。世界的なリーダーは、金の神話的な王国を訪問する機会を切望する一方、ソウルに
盧を訪問することを避ける。去年11月の釜山のアジア太平洋経済協力会議フォーラム以来、1人のリー
ダーも盧を訪問しなかった。金は映画とオペラを愛している;盧と文化の関係は薄い。

今や読者は、私が盧と金の相違点を見つけるのにかなり苦労していることが分かるだろう。これは非
常に深刻な問題を提起する。盧と金の相違点より類似点の方が強いので、9月14日にホワイトハウスで
盧にあいさつするブッシュが、会話の途中で二人のコリアンを混同しないと果たして言い切れるであ
ろうか?

Sung-Yoon Leeはハーバード大学韓国研究所で研究している金九アソシエイトである。

ソース:アジアタイムズ(英語)を抄訳(かなり省いています)
http://www.atimes.com/atimes/Korea/HH24Dg01.html

元スレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1156566181/l50

NYタイムズ:「太田光さんは日本のTVでの政治風刺の先駆け。しかし政府の圧力や右翼の脅しも」
■日本における政治風刺の領域を拡大  By NORIMITSU ONISHI

<前略>コメディー番組「太田光の私が総理大臣になったら」に出演中の太田光さんはおそらく、"The Daily Show" のジョン・スチュワートに、日本で最も近似した人物だ。有名お笑いコンビの一方である太田さんは、以前から政治問題に一家言ある人物として知られていたが、日本のテレビに政治風刺を持ち込んだのは彼が初めてだ。

"The Daily Show" から "Saturday Night Live"、"The Simpsons" に至るまで、アメリカのテレビには政治パロディーが盛りだくさんだ。しかし日本のテレビには、社会風刺はたくさんあるものの、この国の政治指導者を風刺する伝統は無かった。最近日本では独演コメディーがブームだが、そのうち政治問題を扱おうとするのはごく僅かである。

僕はこういう番組をやってますが、政治はコメディアンが立ち入るべき分野ではないと言う人もいます」と太田さんは語った。「でも僕はそうは思いません。コメディアンは政治であっても笑いの題材にすべきです。」<中略>「実際のところ僕は、コメディアンは政治に首を突っ込むべきではないという意見も尊重しています。でも同時に、それではフラストレーションが溜まるのです。そんなふうに制限されるのは嫌なんです。何にでも首を突っ込んでみたいのです。」<中略>

しかし太田さんによれば、ある種のテーマはタブーなのだという。皇室や北朝鮮などだ。
「北朝鮮にはその国の歴史があり、複雑な問題を解きほぐす必要があります」と太田さんは語った。「あの国がいかにして形づくられ、そこに日本がいかに関わったのか、その全容を把握できている人は誰もいないと思います。」 ここに来て北朝鮮が日本の第一の敵となったことで、北朝鮮というテーマは風刺の対象とするには余りにデリケートな問題となった。

太田さんは自らを左派というより反体制派だとしているが、彼の反権威的なスタンスは、小泉政権で台頭している右翼的立場と衝突しており、攻撃に晒されやすい状況をもたらしている。

「特に心配し恐れているのは、番組が打ち切りになることです。ある種の圧力がかかったら日本テレビが番組を打ち切る可能性があります」と太田さんは言う。

より直接的な心配は、組織化された右翼グループが反日的とみなす人々を定期的に脅すということが行なわれている日本ならではのものだ。今年4月には、そうした右翼の一人(昭和天皇の戦争責任に言及した政治家への暗殺未遂で服役したことのある人物だ)が太田さんの事務所を突然訪問した。その右翼が置いていった手紙には、太田さんの発言に抗議するものだった。その発言は結局太田さんのものでないことが判明したが、以来太田さんは用心するようにしている。

太田さんは言う。「自分の言いたいことを言いたい。でも、番組制作に携わる人たちに危害が及んだり、彼らの仕事を難しくしてしまったり、事務所のスタッフが襲われたりする可能性も考えなくてはなりません。だから僕は、そうしたことが起こらないようにしています。何とかうまく切り抜けていかねば。」

▽ソース:NYタイムズ(英語)
http://www.nytimes.com/2006/08/12/world/asia/12ota.html


元スレ:http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1155436431/l50


「パチンコ店への税務調査は致命的」 … 民団と総聯の和解白紙化は日本政府の圧力のせい
 6日午前、在日本大韓民国居留民団(民団)は、在日本朝鮮人総聯合(朝鮮総聯)との和解宣言を白紙化すると発表した。民団が明らかにした直接的理由は「ミサイル」だ。

しかし「民団・総聯の和解宣言の白紙撤回」は、6月24日に開かれた民団の臨時中央委員会で決まったものだ。既に事実上白紙化された状態であり、北朝鮮のミサイル発射は公式発表のきっかけになったに過ぎない。それでは5月17日の電撃的な「和解宣言」後、一体どんなことが起きたのだろう。

 去る5月17日、民団の河ビョンオク団長は東京の朝鮮総聯本部を突如訪問し、いわゆる「5・17宣言」を発表した。民団と総聯が互いに和解して協力してゆくという内容だった。しかし発表が出るやいなや民団内部の反発が大きかった。事実上「5・17宣言」は、民団の基盤組職を担当している保守的地方組織の同意を得ぬまま出た突然の措置だったからだ。<中略>

 また、総聯との和解に対する民団内部の保守勢力の強い反発は、日本社会の極右化の動きや反北・反総聯の雰囲気とも無関係ではない。北朝鮮と日本が「めぐみ遺骨」返還問題などで対立して以後、総聯は公式に「総聯」という名前を掲げて活動するのが難しいほど、日本国内で孤立している立場だ。
 対外活動がほとんど中断していると言っても過言でないほどだという。こうした雰囲気の中で、「5・17宣言」以後、民団も「反北」の標的になった。<中略>

 より深刻なのは、日本政府が民団に圧力をかけ始めたという点だ。もっとも具体的な事例では横浜市が5・17宣言以降、民団支部が所有する建物と敷地に対して取られてきた固定資産税の減免措置を取り消して、今年から270万円(約2500万ウォン)の税金を賦課すると通知したことが挙げられる。従来民団の建物は町内会館のように「共益施設」に分類され、免税の恩恵を受けてきた。日本政府が総聯施設に税金を賦課したのと同じ圧迫手段だ。

 日本の国会でも政府への質問の形で、民団に対して総聯と同様の制裁を取ることができると威したし、日本の国税庁や警察庁なども民団系の商工人らに「税務調査」などの圧迫を加えたと伝えられる。
 ある消息筋は、「日本国内で民団系商工人の相当数がパチンコ店を経営しているが、関係当局の税務調査が入ればいくらでも閉店させられる可能性があるほど、政府の圧力は致命的だ」と語った。

 総聯を目の敵にしている日本政府や右翼などの勢力が「5・17宣言」以後、「民団も総聯と同じように扱うことができる」と圧迫を加えたことで、そうでなくても不満を抱いていた民団内の保守層が、総聯との和解宣言に強力に反発したのだ。

 このため、「めぐみ遺骨問題」で日本国内の反北朝鮮世論が広まるなかミサイルまで発射されたから、民団はこの時点で「ミサイル」問題を挙げて、総聯との和解の撤回宣言を公式に行う機会にしたのだ、という分析がなされている。<中略>

 韓日関係・北日関係の風向きの機嫌を伺うしかない在日韓国人たちが胸を張って歩ける日は、果していつ来るのだろうか。

ソース:プレシアン(韓国語)(2006/07/07 16:33)
http://www.pressian.com/scripts/section/article.asp?article_num=60060706172034

元記事
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1152400273/l50

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。