プロフィール

せみせりあ

Author:せみせりあ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

せみせりあ
せみせりあ:semiseria 半分マジメという意味です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金正日とよく似ている盧武鉉大統領、ブッシュは間違えずにすむか?~アジアタイムズ
■ A Korean meeting of the minds by Sung-Yoon Lee

韓国大統領盧武鉉と北朝鮮の指導者金正日は大韓民国が1948年8月15日に「誕生するべきではなかった
国である」と信じている。従って、盧と金の二人にとって、大韓民国初代大統領李承晩は反逆者であ
り米帝の手先である。8月15日の解放日(光復節)、国民に対する盧の演説で、誰が実際の解放をした
のか、また大韓民国の創始者が誰であったかについてまったく言及をしなかったことで分かる。

盧と金は、1950年6月25日に金日成によって開始された朝鮮戦争が、統一のための正義の聖戦であり、
北朝鮮の解放勢力がまさに勝利する瞬間に米国によって台無しにされた、と信じている。二人ともダ
グラス・マッカーサー将軍とその仁川(インチョン)上陸を嫌っている。二人は、北朝鮮が「外部の
脅威」に直面している時、自衛のために核兵器を開発する権利を持っていると信じている。二人は、
南の米国軍がありがたくない占領軍であると信じている。二人は、最終的に米軍の撤退を夢見ている。

日本をバッシングすることに二人とも快感を覚える;二人にとって米国は究極の敵であるが、米ドル
を愛している。二人は、ブッシュ大統領を恐れ憎んでいる。二人は韓国での激しい反米抗議をサポー
トし、中国を愛している。どちらも北朝鮮の崩壊を望まず、それを防止するために全力をつくす。

盧と金は著しい違いも見せる。盧は金を愛しているけれども金は盧を愛していない。金は自分しか愛
さない。盧の時間は限られているが金は違う。そのため、盧は首脳会談をしたくてたまらないが、金
はどっしりかまえて高価な礼金を命じることができる。盧は心底、訪米したくないが訪米せざるをえ
ない。金は心底、訪米を望むができない。盧は政府費用で外国を旅行することが大好きで、金は家で
パーティを開く。世界的なリーダーは、金の神話的な王国を訪問する機会を切望する一方、ソウルに
盧を訪問することを避ける。去年11月の釜山のアジア太平洋経済協力会議フォーラム以来、1人のリー
ダーも盧を訪問しなかった。金は映画とオペラを愛している;盧と文化の関係は薄い。

今や読者は、私が盧と金の相違点を見つけるのにかなり苦労していることが分かるだろう。これは非
常に深刻な問題を提起する。盧と金の相違点より類似点の方が強いので、9月14日にホワイトハウスで
盧にあいさつするブッシュが、会話の途中で二人のコリアンを混同しないと果たして言い切れるであ
ろうか?

Sung-Yoon Leeはハーバード大学韓国研究所で研究している金九アソシエイトである。

ソース:アジアタイムズ(英語)を抄訳(かなり省いています)
http://www.atimes.com/atimes/Korea/HH24Dg01.html

元スレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1156566181/l50

スポンサーサイト
NYタイムズ:「太田光さんは日本のTVでの政治風刺の先駆け。しかし政府の圧力や右翼の脅しも」
■日本における政治風刺の領域を拡大  By NORIMITSU ONISHI

<前略>コメディー番組「太田光の私が総理大臣になったら」に出演中の太田光さんはおそらく、"The Daily Show" のジョン・スチュワートに、日本で最も近似した人物だ。有名お笑いコンビの一方である太田さんは、以前から政治問題に一家言ある人物として知られていたが、日本のテレビに政治風刺を持ち込んだのは彼が初めてだ。

"The Daily Show" から "Saturday Night Live"、"The Simpsons" に至るまで、アメリカのテレビには政治パロディーが盛りだくさんだ。しかし日本のテレビには、社会風刺はたくさんあるものの、この国の政治指導者を風刺する伝統は無かった。最近日本では独演コメディーがブームだが、そのうち政治問題を扱おうとするのはごく僅かである。

僕はこういう番組をやってますが、政治はコメディアンが立ち入るべき分野ではないと言う人もいます」と太田さんは語った。「でも僕はそうは思いません。コメディアンは政治であっても笑いの題材にすべきです。」<中略>「実際のところ僕は、コメディアンは政治に首を突っ込むべきではないという意見も尊重しています。でも同時に、それではフラストレーションが溜まるのです。そんなふうに制限されるのは嫌なんです。何にでも首を突っ込んでみたいのです。」<中略>

しかし太田さんによれば、ある種のテーマはタブーなのだという。皇室や北朝鮮などだ。
「北朝鮮にはその国の歴史があり、複雑な問題を解きほぐす必要があります」と太田さんは語った。「あの国がいかにして形づくられ、そこに日本がいかに関わったのか、その全容を把握できている人は誰もいないと思います。」 ここに来て北朝鮮が日本の第一の敵となったことで、北朝鮮というテーマは風刺の対象とするには余りにデリケートな問題となった。

太田さんは自らを左派というより反体制派だとしているが、彼の反権威的なスタンスは、小泉政権で台頭している右翼的立場と衝突しており、攻撃に晒されやすい状況をもたらしている。

「特に心配し恐れているのは、番組が打ち切りになることです。ある種の圧力がかかったら日本テレビが番組を打ち切る可能性があります」と太田さんは言う。

より直接的な心配は、組織化された右翼グループが反日的とみなす人々を定期的に脅すということが行なわれている日本ならではのものだ。今年4月には、そうした右翼の一人(昭和天皇の戦争責任に言及した政治家への暗殺未遂で服役したことのある人物だ)が太田さんの事務所を突然訪問した。その右翼が置いていった手紙には、太田さんの発言に抗議するものだった。その発言は結局太田さんのものでないことが判明したが、以来太田さんは用心するようにしている。

太田さんは言う。「自分の言いたいことを言いたい。でも、番組制作に携わる人たちに危害が及んだり、彼らの仕事を難しくしてしまったり、事務所のスタッフが襲われたりする可能性も考えなくてはなりません。だから僕は、そうしたことが起こらないようにしています。何とかうまく切り抜けていかねば。」

▽ソース:NYタイムズ(英語)
http://www.nytimes.com/2006/08/12/world/asia/12ota.html


元スレ:http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1155436431/l50


島根県の竹島問題研究会に出席した崔長根氏が寄稿:「日本側の主張に根拠が無いことが次々明らかに」
■[寄稿] 「タケシマ問題研究会」に出席して

<訳注:本件に関する日本側の報道については下記関連スレ・関連サイトご参照>

筆者は、日本の島根県が設置した独島問題研究会である「竹島問題研究会」(以下「研究会」)の
招きで先月25日、松江市の島根県民会館で開かれた非公開会合に参加した。今回の第9回会合
は、初めて韓国側の学者を招待した席だった。

筆者は非公開会議に先立つ公開講義で、「日本の独島資料解釈に対する批判」というテーマで日
本側の論理の虚構性を批判し、非公開講義では「韓国側の主張は史料的論証になっていない」と
いう日本側学者らの質疑に答えた。

研究会は昨年3月25日に島根県議会が「竹島の日」条例を制定して以後、島根県が議会の要求
に応じるために設置した機構だ。委員長と副委員長を含めて史学・地理学・法学専門家と職員など
10人で構成されている。会合は2ヶ月に一回ほど開かれ、その成果は今年5月に中間報告書の形
で島根県に提出されており、来年3月には最終報告書を出す予定だ。設立目的は一次的には韓国
の独島領有権主張に反駁すること、二次的には竹島が日本領土であると強調して政府と県に対し
領土政策を督励して、国民の領土意識を鼓吹することである。

研究会の委員らは皆、「竹島は日本領土」という強い信念を持っていた。その根拠は、1905年に無
主地を先行獲得して領土に編入した後アシカ漁で実効的占有をしたから国際法的に合法な措置だ、
いというものだ。現在の日本領土のうち沖縄・小笠原諸島・尖閣諸島もこれと同じようにして領土に
編入されている。

研究会は、1905年の領土編入以前に韓国が独島を実効的に支配したことがないという点に焦点を
合わせて、「于山島」と「石島」は現在の独島ではないという主張をしている。最近までの日本学界
の研究成果を見れば、独島が日本領土として歴史的権原が全然ない状態だということが徐々に明
らかになっている。そのため研究委員の間では、史料を歪曲解釈までして「固有領土論」を主張する
部類と、早目に歴史的権原の薄弱さを認めて「無主地先行獲得論」の合法性に比重を置く部類とに
分けられる。

これに対して韓国はどのように対応すべきだろうか? 第一に、歴史的史料が発掘されるにつれ、
独島が歴史的・国際法的に韓国領土であることが時間の流れとともに相次いで明らかになってきて
いる。したがって独島問題は、現状維持政策で実効的期間を延ばすのが最善の策と見られる。日本
の政治的な意図に巻き込まれて性急に独島基点を放棄する漁業協定や排他的経済水域(EEZ)境界
を決めてはならない。積極的な外交チャンネルを通じて、歴史的・国際法的権原が韓国にあるという
事実を対外的に積極広報し、独島外交の主導権を握らねばならない。

第二に、独島の実効的支配として前近代の「于山島」、近代の「石島」が現在の独島だということを
文献上で完璧に論証して見せねばならない。そうすれば、日本の固有領土論と無主地先行獲得論
を全て無力化することができる。

第三に、独島に対する実効的支配のみを過度に強調して日本の世論と国民感情を刺激することで
独島論争が領有権権原の本質と違うように進行されることを阻まねばならない。これを補うためには、
独島の母島に当たる鬱陵島を国際的な観光地として開発せねばならない。

第四に、日本の市民社会に独島の本質と日本政府の独島侵奪野心を告発し、国際社会の世論を
喚起せねばならない。第五に、独島問題は主権問題であるから政府のたゆまぬ支援と積極的な主
権意志が必要だ。  【崔長根(チェ・ジャングン)/大邱大教授・日本学】

▽ソース:ハンギョレ新聞/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2006-08-08 18:27)
http://www.hani.co.kr/arti/SERIES/60/147629.html
http://kr.news.yahoo.com/service/news/shellview.htm?linkid=4&articleid=2006080818270310623&newssetid=1352

▽関連スレ:
【竹島】 竹島問題 歴史認識違い浮き彫り~根拠を問いただすと文献が無い~[07/26]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1153905483/
▽関連サイト:
竹島問題:県の研究会、韓国人研究者が講演 領有権訴えたが、議論は平行線 /島根
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shimane/archive/news/2006/07/26/20060726ddlk32010457000c.html

元スレ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1155048973/l50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。