プロフィール

せみせりあ

Author:せみせりあ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

せみせりあ
せみせりあ:semiseria 半分マジメという意味です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国人の日本遠征性売買は国家の恥さらし~従軍慰安婦問題に影響も
http://www.sisafocus.co.kr/files/news/view_20070331125021.28161.1.jpg

先月27日ハンナラ党朴チェワン議員は衝撃的な調査結果を発表した。約三万人以上の韓国人が日本の
売春・遊興店に携わっているという。3万人中には日本のホストバーで働く男性も相当数含まれてショ
ックを加えた。朴議員は去年10月から今年の3月まで6ヶ月間、日本を含むアメリカ、オーストラリア、
中国など6ヶ国での遠征性売買実態を調査した。(中略)国の恥をさらし、国家イメージまで毀損して
いる海外売春。調査した朴議員に会った。

この資料が公開された翌日会った朴議員は「真実がすなわち国益」と言う信念で苦しい資料を公開を
したという。かつて黄禹錫(ファン・ウソク)事件など敏感な事案に対して、避けることなく真相調
査を要求して来た朴議員にも今回、日本売春に対する調査結果を公開することは容易ではなかった。

下手をすると従軍慰安婦問題を私たちのせいに押し付けようとする日本に、良い口実を与える可能性
もあるし、海外売春を知らなかった人々に情報を提供して、海外売春人口数を伸ばす恐れもあるから
だ。しかし、朴議員は真実を明らかにすることが結局は国益につながるということを知っているので、
今回の資料を公開する勇断を下したと明らかにした。
(中略:朴議員の過去の行動や韓国ホストの実情紹介)

このように海外性売買者が増えて一番問題なのは国家のイメージだ。多くの韓国人が渡って売春行為
をしているオーストラリアの場合、韓国と韓国人のイメージはもう地に落ちるまで落ちた状態だ。

ある日本人は従軍慰安婦問題と結び付けて「過去の話を追求するなら、現在日本で働いている遊興街
の女性たちから連れて行け」「遊興店の韓国人女性が帰れば、日本の遊興店もたくさん減って、日本
がもっときれいになる」と言い放ったりした。朴議員は「相当数の日本人たちが従軍慰安婦と売春者
たちを関連付けて、似たり寄ったりだと思っているが、そんな屁理屈を広げられないようにするため
にも、性売買に携わる人々を政府が徹底的に調査して、確かな対応策を用意しなければならないだろ
う」と指摘した。

あと残っているのは、海外売春に加わったブローカーと売春者たちの処罰問題だ。ブローカーの場合、
国内でサイトなどを作って売春者らを斡旋しているので、国内法で処罰が可能だが、売春者の場合は
海外に出て売春をするので処罰が難しい。朴議員は「処罰するよりは国内に送還して再教育し、正常
な生活に復帰するように助けなければならないでしょう。」と強調した。

朴議員は今回調査をしながら終始恥ずかしい気がしたとし、事件が起こった後ちょっと関心を持つだ
けに止めずに持続的関心を持って取り締まって行かなければならないと言った。また、朴議員は海外
売春などの場合、個人ではなく組織的、体系的に行われているので供給ルートを抜本的につぶすこと
を求めた。朴議員側は日本に続き、中国にいる韓国人売春者たちの実態調査の結果もすぐ発表する予定だ。

アメリカの場合も、すでに把握して結果が出た状態だが、従軍慰安婦決議案発表を控えた状況で、下
手に調査結果を公開することは危険が大きいと判断、発表時期を調整中だ。朴議員は、先進国の要素
の中で一番重要なことは『道徳大国』だという。議員は「所得の増加、国民一人一人のエチケット等
も無視することができない価値だが、先進国になろうとすれば何より道徳がきちんとしている国にな
らなければならない」と言いながら「売春のような人間を売ったり買ったりする行為は海外でも、国
内でも根絶しなければならないでしょう」という言葉でインタビューを終えた。

ソース:sisafocus(韓国語)国の恥さらす日本遠征性売買

元記事
http://www.sisafocus.co.kr/news/view.php?n=21224&p=1&s=3


http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1175411894/l50
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

はじめまして^^

私のニュースサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/news195/archives/53485805.html
です。
【2007/04/02 05:10】 URL | ニュース 事件 飛脚便 #- [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/04 01:20】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/05 15:50】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/10 11:23】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/01/20 20:54】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://usr1.blog73.fc2.com/tb.php/9-3085f3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。